同窓会組織

同窓会 戦後の歩み

昭和20年8月 三橋四郎次(13期)会長が辞意を表明する。
昭和21年 片岡録朗(22期)氏が会長代行を務める。
昭和22年 評議員会で片岡録朗(22期)氏が会長に選出される。
昭和23年 高野啓作(20期)氏が会長に就任する。
昭和24年3月3日 戦後初めての同窓会名簿が発行される。
昭和27年4月7日 城内教場から長谷の新校舎への移転が実施される。
昭和28年10月2日 創立75周年式典・校舎落成式が挙行される。
昭和29年7月10日 「静中静高同窓会会報」創刊号が発行される。
昭和31年10月12日 体育館兼講堂の落成記念式典が挙行される。
昭和38年 鈴木与平(44期)氏が会長に就任する。
昭和36年 定例総会において同窓会館の建設が決議される。
昭和40年5月23日 図書館兼同窓会館の落成式が挙行される。
昭和41年1月7日 第78期生の卒業4年目の集いが同窓会館で開かれる。
昭和41年8月21日 「女性会員の集い」が同窓会館で開かれる。
昭和42年2月 校史資料委員会が発足する。
昭和46年3月16日 同窓会東京大会が開かれる。
昭和47年 総会において関東・関西・中部に広域支部を設けることが決まる。
昭和47年2月19日 校史資料委員会が改組され、百年史準備委員会が発足する。
昭和48年7月1日 関西支部が発足する。
昭和49年4月21日 中部支部を中心に全国親善大会が名古屋で開催される。
昭和49年5月21日 第2体育館が落成する。
昭和50年6月3日 関東支部が結成される。
昭和52年1月2日 4年目の集いが「卒業6年目の集い」として復活する。
昭和53年10月7日 創立100周年記念式典が駿府会館にて挙行される。
昭和55年3月 会員名簿電子化のセットアップが完了する。
昭和55年6月24日 第1回教育講演会が三木卓氏(70期)を講師として開催される。
昭和56年10月1日 電子化名簿管理による会員名簿が発行される。
昭和63年12月 新校舎の完成・引き渡しが行われる。
平成元年1月28日 新校舎落成式が旧体育館で行われる。
平成5年10月30日 川村春雄(46期)氏が会長に就任する。
平成12年11月11日 櫻井一男(64期)氏が会長に就任する。
平成15年11月15日 創立125周年記念式典がグランシップにて挙行される。
平成16年6月5日 卭高館が落成する。
平成17年4月14日 静高ドーム竣工式が行われる。
平成20年11月22日 荻野覚(71期)氏が会長に就任する。
平成26年11月3日  鈴木與平(76期)氏が会長に就任する。